ユーダイモニア マネジメント


8月18日、ストレングスファインダーを開発したギャラップ社が新しいサービスを開始しました!

その内容は、多くの人事部、研修ご担当者、人材開発ご担当者、組織開発ご担当者が待ち望んでいたストレングスファインダーのIDの単独販売と34資質全てのランキングの入ったレポートの販売です。

弊社ではこれを機に、今まで以上に多くの企業で強みベースの組織づくりに貢献できると確信しています。今後はトップ5だけではなく、下位資質についても振り返りながら各人の強みを成果につなげることが出来ます。

34資質を使った研修、人材育成、組織開発ご興味のある方は是非お問い合わせください。

強みマネジメント (「強み」ベースの企業研修)

ユーダイモニア マネジメント㈱はポジティブ心理学、メタ・コーチングなどの理論を応用した研修プログラムを提供致します。企業のニーズに合わせてカスタマイズしますが、主な研修内容は以下の通りとなります。その他の内容についてはお問い合わせください。

ストレングス・ファインダーとVIA-IS

 結論から言うと、どちらも内容を正しく理解したうえで使用すれば、人材開発、研修、コーチングなどの効果を大きく高めることができます。(内容を正しく理解、という点が重要です。これらは本来「占い」のようにその場での面白さおかしさを目的としたものではなく、あくまで人の素晴らしい強みを理解する重要なきっかけとなり、その後の行動が大切になります。)
 VIA-ISというのは、「人勢塾 ポジティブ心理学が人と組織を鍛える(小学館)」の中でも紹介されていますが、ストレングスファインダーと並んでポジティブ心理学を背景にした「強み」を測定するアセスメント・ツールとして注目されているものです。ストレングスファインダーは「さあ才能に目覚めよう(日経新聞出版)」で紹介されているもので、日本ではかなりの方がそのアセスメントを受けています。(弊社代表の小屋はVIA-ISのトレーニングを米国で修了しており、またギャラップ社でのストラテジック・コンサルタント時代には多くのプロジェクトでストレングスファインダーに携わっていました。)
 ストレングスファインダーは人のエクセレンス、あるいは「とんがり」を重視するのに対して、VIAは幸せへの貢献に重きを置いていて、その結果バランスが重要になるとしています。ストレングスファインダーの方が行動に関する特性を扱いVIAは美徳を扱う、と言われることがありますが、ストレングスファインダーも行動ばかりを扱ってはいず、思考・感情・行動のパターンを網羅しているので、この点ではあまり大きな違いはないとも言えます。
 もう一つの大きな違いはストレングスファインダーが「成人後強みは変わらない」とし、下位の強みにはフォーカスしない方がいいと言っているのに対してVIA-ISでは「強みは変わりえる」という立場から下位の強みにフォーカスし、それによってさらに人間性を高めることができる、と言っているところです。
繰り返しになりますが、どちらのアセスメントも良くできていて、間違った使い方をしなければ、研修・コーチングなどでとても有効なアセスメントとなります。

研修プログラムの例

ストレングス・ファシリテーター養成プログラム

対象:社内でストレングス・ファシリテーターとなる方
内容:2日間の研修
期待されるメリット:
 ○ 自分の個性・強みを理解する
 ○ 強みとは何かを理解する
 ○ 社内で強みコーチ、トレーナーとなる為のノウハウを得る
 ○ 「強みマネジメント」を内製化する

マネージャー・プログラム

対象:部下を持つマネージャー
内容:2日間のマネージャー研修
期待されるメリット:
 ○ 自分の個性・強みを理解する
 ○ マネージャーとして部下の強みの活かし方を学ぶ
 ○ 自分のスタイルに固執しない、チームを変革できるマネージャーとなる
 ○ チームの生産性を高めるために、チームメンバーの強みを活かした
   マネージャーとなる

受講者の声:
  • 部下は自分とは違う強みを持っているということに改めて気づいた。
  • 多様性をどう活かすかということについて気づいた。
  • 今後のマネジメントの指針が持てた。
  • 部下にも受講させようと思います
  • この研修で学んだことを活かし、人作り⇒組織作り⇒売上向上につとめようと思います。
  • とても合理的な内容ながら、深く考えさせられました。
  • ディスカッションが楽しく、久しぶりに真面目に研修に取り組みました。
  • 内容は理解できたので、これから実践するのが楽しみです。
  • 明日から部下の強みを見つけたいと思います。
  • 強み、リーダーシップ、マネジメントについて本質的に考えることが出来ました
  • 強みを見つめながら、本音の議論をしていこうと思います
  • 人材育成の大切さを意識付けする良い機会となりました

「強み」セミナー

対象:社員一般
内容:2~3時間のレクチャー
期待されるメリット:
 ○「強み」を活かすことの重要性を理解する。
 ○自分の仕事のスタイルを発見できる。
 ○自分との他者との違いを理解することができる。
 ○自分の「強み」の活かし方を学ぶ

チーム・ビルディング・ワークショップ

対象:チームの構成員
内容:1日間のワークショップ
期待されるメリット:
 ○自分およびチーム・メンバーの強みを再確認
 ○仕事に現れるチームの強みパターンを理解
 ○強み、才能という概念の理解
 ○チームメンバーの強みに着目する習慣をつける
 ○チームのヴィジョン、ありたい姿を共有する
 ○強みを活かしてヴィジョンに向けて仕事を楽しむ

受講者の声:
  • 自分にも強みがあると気づき、自信がついた。
  • 「強みを活かせ」とよく言われるが、この研修でその具体的な意味が分った。
  • チーム内のコミュニケーションが前向きになった。
  • どんな質問にも前向きに回答してくれ、研修自体がとてもポジティブなものだった。
  • 新しい自分の価値が理解できました
  • 同僚も皆積極的かつ楽しく参加しているのに驚きました
  • 個人のことから組織のことまで、研修によって現実の課題がよく見えてきました
  • 研修構成が良く、頭に良く残った
  • 強みを活かすという、前向きな組織運営の方法に魅力を感じました
  • メンバーからも「今回の研修はとても良かった」という声が多く、今後のチーム強化につなげたいと強く思いました。

※「才能マネジメント」の考え方についてはこちらのレポートをご参照ください。

お問い合わせ

エンゲージメント

ポジティブ心理学、メタ・コーチングなどの理論を応用した研修プログラムを提供致します。

>> more

メタ・コーチング

メタ・コーチング、強み理論などのメソッドを使い、企業のエグゼクティブ、一般ビジネスパーソンに対してメンタル・フレームを拡げ、自分らしくパフォーマンスを高めるためのコーチングを行います。

>> more

組織エンゲージメント

個人、組織が高いパフォーマンスを発揮できる企業風土を作るための組織エンゲージメント向上プログラムを提供致します。

>> more

お問い合わせ


Copyright © 2018 Eudaimonia Management Inc. All Rights Reserved.

Privacy Policy

Profile

Contact Us